沖電気、“音”をワンタイムパスワードに利用した個人認証システム

▶ in セキュリティ posted 2005.02.28 Monday / 21:05

パスワードが音に変換されて認証するとは新しい発想ですね。
Enterprise Watchのこの記事によりますと、沖電気は「音響署名カードシステム」なるものの提供を開始するとの事です。これはなにもんか?と言いますとカード内で生成された派s−ワードが暗号化され「音」として出力され、その信号で認証するとの事です。これは素人的な発想なのですが、音で認証と言うのは間違いは無いのでしょうかねえ。この辺は仕組みを詳しく知りたいところです。

- | -

PAGE TOP