トヨタ、「クラウン」シリーズをフルモデルチェンジ

▶ in 時事ネタ posted 2008.02.18 Monday / 21:43

あーん、トヨタのWebがなかなか繋がんないYO!
マイコミジャーナルのこの記事によりますと、トヨタは「クラウンロイヤル」「クラウンアスリート」「クラウンハイブリッド」をフルモデルチェンジ、本日より販売を開始したそうです。価格は400万円弱から600万円強との事です。

「クラウン」といえば「いつかはクラウン」というCMでうちの親父世代があこがれた車種(結局購入したのはマイナーなブレビスなわけですが)という印象が強いのですが、前モデル「ゼロクラウン」から新時代を歩み始め、最新技術満載の若者が乗っても十分オサレな車に仕上がっています。カーナビの地図情報に基づいてドライバへ一時停止情報や停止減速支援をする「ナビ・ブレーキアシスト」やドライバーの目の開閉状態を検知して衝突被害軽減を図る「ドライバーモニター」、前後の衝突回避機能である「プリクラッシュセーフティ」などの最新鋭の安全機能も搭載、もはや人間の意志以上の動きをする車になりました。


ちなみにトヨタのWebを閲覧しようとしたらえらい込んでいるみたいでサーバからの応答が重いもしくは500エラーを返してきます。あとでゆっくり研究してみようと思います。パッソくんでかわいく走っている僕には夢の車、まさに「いつかはクラウン」ですけどね。

Comments

シゲ2008/02/18 11:43 PM

どこのメーカーでもそうですが、衝突安全・歩行者保護とかもっともらしい文句を並べ立てても、不格好な厚ぼったいデザインがブチ壊し。外車買うしかないかな?

まあぼう2008/02/18 11:25 PM

Toyota Webの重さに関心の高さが伺えます。ちょっぴり「レ」ちっくになりましたね。

いろんなものをつけるのも良いですが、車自身の質感をもうちっと上げて欲しいというか何と言うか。

購入意欲云々は僕も含めて好き嫌いがあるのでどうにもなりませんが、固定概念を捨てればいい車に出会うのは簡単なのかもしれません。

シゲ2008/02/18 10:35 PM

私は物心ついた時からN社の車しか知らないので、T社の車には今だに購入意欲が湧かないのですが、今回は(今回も?)モデリスタから過給器仕様が出ましたね。

Comment Form





Trackbacks

Trackback URL : http://www.mabow.net/sb/sb.cgi/1356

PAGE TOP